ひかりTVクラウドCひかりTVクラウドC

TOPICS

トピックス

子どもを上手に撮る、
つの基本をご紹介!

1: 撮影の小ワザ編

2: 写真の構図編 

3: 子どもの表情編

1: [撮影の小ワザ編]連写撮影や画面タップでのピント合わせ!スマホの便利機能を使いこなそう。

スマートフォンで子どもを撮影するとき、子ども以外に焦点が合っていたり、元気よく走り回っている姿を一枚の写真に収めるのはなかなか難しいですよね。そんなときには、スマートフォンのカメラアプリに備わっている便利機能を利用してみましょう。

焦点をカンタンに合わせるには

撮影時になかなか焦点が合わないときは、画面を直接タップして撮影をします。焦点を合わせたい部分(子どもの顔など)にタップすることで、ピントと光の露出を自動調整することができます。


子どもの顔をタップすることで焦点を合わすことができます

連写機能を使ってみよう

スマートフォンのカメラアプリには、連続して写真を撮影できる連写機能が備わっています。この機能を使えば、元気よく走り回る子どもの動きだってカンタンに捉えることができます。連続して撮影した写真の中から、いちばんのお気に入り写真を選んでみましょう。

フラッシュ機能を上手に使い分ける

フラッシュ機能は場面によって上手に使い分けてみましょう。暗いからといって必ずフラッシュを使うのではなく、自然光を上手く取り入れ、自然な色味の写真を撮ってみるのはいかがでしょうか。


連写機能を利用してお気に入りの一枚を選びましょう

フラッシュ機能を上手に使い分ける

フラッシュ機能は場面によって上手に使い分けてみましょう。暗いからといって必ずフラッシュを使うのではなく、自然光を上手く取り入れ、自然な色味の写真を撮ってみるのはいかがでしょうか。

2: [写真の構図編] 子どもの写る位置や角度を意識するだけでいつもと違った雰囲気に。

子どもを真ん中にして撮る(日の丸構図)

子どもや被写体を真ん中にもってくる最もベーシックな構図です。周りの風景がシンプルなとき、子どもをダイナミックに大きく写したいときに最適な撮り方です。もっとも使いやすい構図ですが、使いやすい構図であるがために同じような写真となりがちな点に注意が必要です。
※赤い点線は説明上のイメージです。

子どもの写る位置をちょっと変えてみる(三分割構図)

画面を縦横それぞれを均等に3つに分割し、それぞれの分割線もしくは交差点上に子どもを配置する構図(三分割構図)も試してみましょう。分割線・交差点を目安にして、その位置に子どもや被写体が写るようにします。子どもの写る位置をちょっと意識することで、いつもと違った雰囲気の写真ができあがります。
※赤い点線は説明上のイメージです。

アップで撮る

あえて子どもにグッと近づき、被写体を大きく捉えることで臨場感が伝わってくる写真になります。アルバムを見なおしたとき、思わず目をとめてしまう!それほどインパクトのある写真となるでしょう。

子ども目線で撮る

大人の目の高さで撮った写真も良いですが、子ども目線で撮る写真もガラリと印象が変わって楽しさが膨らみます。腰を落として子ども目線でパシャリ。子どもの世界観を感じる素敵な一枚を撮ってみましょう。


大人目線で(上から)パシャリ


子ども目線で(下から)パシャリ

3: [子どもの表情編] 笑顔だけじゃない!真剣な顔や泣き顔だって、たいせつな成長の記録です。

一年365日、赤ちゃんの頃からさまざまな表情を見せてくれる子どもたち。素敵な笑顔とともに、あえて真剣な顔や泣き顔も写してみましょう。たいせつな成長の記録として自然体の表情をたくさん残してみてください。

真剣な顔

好奇心のままに視線を向ける子どもたち。視線の見つめるその先にはどんな世界が広がっているのか。子どもたちのまなざしはいつだって真剣そのもので、その表情は見ている大人まで引き込まれてしまいます。カメラを通して思わず応援したくなりますね。

泣き顔

子どもの泣き顔には思わぬところで出会うもの。悲しいときだけでなく、嬉しいときや思ったことを口に出せないもどかしいときなど、あらゆる場面で出会います。その瞬間こそが成長の第一歩。こっそり写真を撮って、家族のたいせつな想い出として保存しましょう。

寝顔

イタズラ盛りの年頃になると、寝顔が一番可愛いと思ったり!?いま泣いていた子どもが、無垢な顔をして寝ていたらパシャリと一枚撮ってみましょう。こんなことができるのは今だけの特権かもしれませんね。

クラウドCをはじめる

ひかりTVご利用中の方

※クラウドCを利用するには、ひかりTVのご契約が必要です。